ひび割れからの雨漏りは防水工事で防げます

二階のベランダから雨漏り~原因はひび割れにあった~

傷んだ屋根

雨漏りの主な原因はひび割れです。家のどこかにひび割れができた場合、そこから水が浸透し雨漏りが発生し、家の状態は悪くなっていきます。ここではひび割れの種類や原因を紹介していきます。

ベランダからの雨漏りの原因って…

連日雨が続いていて、それのせいで雨漏りしています。それってひび割れのせいでしょうか?
はい。雨漏りの多くはひび割れが原因です。家の壁にひびが入ることによって隙間から雨水が侵入し、家の内部に浸透してしまうのが雨漏りです。ひび割れが起きる原因は多々ありますが、主に経年劣化が原因です。また、家の外壁の他にもベランダはひび割れが起きやすく、ベランダが原因で雨漏りが発生するというケースが多いです。

ひび割れには種類がある

ヘアークラック
家の塗膜が経年劣化で古くなると、髪の毛のように細い亀裂が入ります。これはヘアークラックと呼ばれるクラック(亀裂)です。経年劣化の他にも塗装間隔の時間が不適切な塗装作業をしたり、柔らかい素地や塗膜の上に硬質素材の塗膜を塗装したりするとヘアークラックは発生しやすくなります。
乾燥クラック
モルタルやコンクリートなどの湿式工法(外壁材が乾かないうちに組み立てる工事方法)で、作った外壁上に塗装を塗る際に発生する可能性があるクラックです。水分が蒸発することによって外壁が収縮し、その影響でひび割れが生じます。
縁切れによるクラック
上記した湿式工法が原因で起きるクラックです。本来湿式工法は一度に全てを仕上げるのですが、何らかの理由で一度中断したりやり直したりした時、再開した時の塗り次面にひび割れが生じることが多いです。

ひび割れから雨漏りしているなら防水工事を業者に行ってもらおう

防水工事を行うことで、家の耐久年数を維持することができます。ここでは、防水工事を行う重要性についてお話します。

防水工事をしておけば住宅の寿命を延ばしてくれる

なぜ防水工事をすれば家の寿命が延びるのかというと、それは雨水によって発生する経年劣化を防げるからです。家の内部に水が侵入することによって家全体が腐食し、害虫やカビが発生します。その結果、家の寿命は著しく縮みます。そうならないためにも防水工事は必要です。

DIYでの修理はNG!

DIYでの防水工事はお勧めまできせん。(業者)

防水工事をDIYで行うというのはおすすめできません。というのも、防水工事というのは専門性の高い分野であり、初心者が行えるものではないからです。また、中途半端に防水工事を行うことでかえって状況が悪化することが多く、最悪の場合、余計に雨漏りが進行してしまう可能性もあります。よって、防水工事を行うのであれば専門の業者に依頼しましょう。

ひび割れたところを修理してもらった人達

防水工事に対応しているところに相談をしました(30代/男性)

家の小さな雨漏りを放置していると被害が一気に拡大したので業者さんにみてもらい、直してもらいました。また再発しないように家のチェックをしてもらい防水工事をしてもらいました。説明がわかりやすく、家がどれくらい雨に弱くなっていたのかがわかりました。

雨漏りがやみました(40代/女性)

子供が家の壁でサッカーをやっていたせいか、ひび割れができていました。最初のうちは仕方ないかと若干諦め気味だったのですが、そこから雨漏りが発生してしまったので大慌てで業者さんに頼んで工事してもらいました。原因はやっぱりサッカーボールでできたひび割れであり、今では子供に厳しく壁当てサッカーを禁止しています。

TOPボタン